ウエストポーチを購入しようと思っている方。迷ったときはporterのウエストポーチを選んでみてください。その品質レベルも高く、失敗することはないでしょう。そのporterのウエストポーチについてみてみます。

porterの全体的な特徴

porterは吉田カバンのブランド。日本国内のバッグショップやデパートに行くと大抵の場合porterの製品が置いてあります。そのすべてがMade IN Japan。その品質をすべてクオリティーが高いです。

4000円くらいで購入できる小物から大きめのバックになると2万円~3万円を軽く超えてきます。若い人にとっては少し高級感の高いブランドだといえます。細かいところの縫製までしっかりとできていて、長い間使えます。

デザインはシンプルそのもの。シンプルすぎるのが特徴で、いつまでも使用しても飽きないのが魅力。お金に少し余裕があるけどどのバッグを購入したらいいか迷った時に吉田カバンのporterを選んだとしても失敗することはないでしょう。

海外の一流ブランドに目を奪われる人がいます。しかしよくよく見てみるとメイドインチャイナ。値段も結構高く、このようなものを購入するくらいなら初めからメイドインジャパンのporterを購入した方が絶対に賢いです。

porterのウエストポーチ

porterのウエストポーチは全体的にしっかりしており、男女兼用です。定番なのはタンカーシリーズ。MA1というフライトジャケットをモチーフに作られている定番商品。

タンカーシリーズにはキーケースや財布、ビジネスバッグ、ショルダーバッグなど様々な製品があります。ウエストポーチも存在しています。肌触りはサラサラしていて、これが本当にバッグなのか?という感じ。

バッグと革製品が高級だと思い込んでしまいますが、タンカーシリーズはフライトジャケットの生地を使っているね意外と軽く、どっしりしません。重いバッグを持ちたくない女性にはぴったりです。デザインはシンプルですから男性でも女性でもOK。腰に巻きつけて使っても、ワンショルダーとして使ってもOKです。

スモーキーシリーズ

タンカーシリーズの他に有名な所としてスモーキーシリーズがあります。タンカーシリーズよりも少しマイナーな感じもします。黒っぽい生地でできています。手頃な値段で購入しやすいのも特徴。

カラーは全体的にブラックで統一されており、持っているだけでセンスの高さが窺えるのが魅力です。ごちゃごちゃしたロゴやデザインもないので、格好いいと思われるのは間違いありません。やっぱりシンプルなものが一番格好いいのは吉田カバンが実証しています。

その生地が特徴からスモーキーシリーズは、タンカーシリーズより少し重くなってしまうのは仕方がないでしょう。

大きさが気になる

この辺は好みで選んでください。porterのウエストポーチにも大きさがあります。小さいサイズから大きめのサイズはなので、どの大きさにしたらいいのかよくわからないという方。店頭にて確認してみるのもいいでしょう。インターネット購入では確認できないのが少し辛いところ。

荷物が少し多いという方はLサイズで必要最小限度のものしか持ち歩かない。思いバッグが絶対に嫌という人はMサイズなど小さなものにするといいでしょう。ウエストポーチ自体は小さいのが魅力で、それほど荷物を入れたくなければ眠さイスなど小さいものを選んでも大丈夫でしょう。

荷物の多い時は大きめのパッグを別に使えばいいです。異なる大きさのウエストポーチを複数所有しても良いでしょう。その日の気分によって使い分けることが大切です。

日本を代表する高級ブランド品。それが吉田カバンのporterです。クオリティーが高くデザインもシンプルで抜群。少し地味に感じるかもしれませんがそれが逆にいいところです。値段を少しするかもしれません。

若い人には手が出しにくいなと思うかもしれないでしょう。ウエストポーチもしっかりとラインアップされていて、ウエストポーチ選びに悩んでいる方にはporterの製品がまず第一におすすめです。

スポンサーリンク