「どうしてもウエストポーチがほしいんだけど・・・」

こんな人におすすめなのが100均のウエストポーチ。何と100円。こんなに安く、ウエストポーチを購入できてしまうのです。

でも100円です。はたして100円均一のショップで販売されているウエストポーチは、まともに使えるものなのでしょうか。そして、どのような特徴があるのでしょうか。結論を言えば、あまり期待はできない、ということ。それは100円という値段に現れています。

子供にも

このウエストポーチは100円ですから。子供にはおすすめできるでしょう。子供に買い与えてみてください。喜ぶかもしれません。スーパーの中で駄々をこねている子供。おもちゃがほしいと言ってきかない。こんな子供の気まぐれを紛らわせるために購入してみてもいいでしょう。

値段が安いので、5個6個と購入してもいいでしょう。100円といっても消費税が加算されるので2017年1月現在では108円。仮に消費税が10%に上がった場合には110円になりますのでご注意してください。

耐久性は・・・

値段が安いところに秘密があります。耐久性については期待できません。2000円や3000円するようなウエストポーチと比べ、圧倒的に品質が低いです。だから100円というわけです。購入しても、すぐに壊れると思って間違いはないでしょう。

耐久性の面では大いに問題があります。値段の安いということは、原材料費や人件費が低いことを意味しています。購入してがっかりする確率も高いです。そして注意するべき点は耐久性が低いので、貴重品は入れないほうがいい、ということ。

生地が破れてしまったり、ファスナーやポケットが破損してしまう場合もあります。中の貴重品をなくしてしまう場合もあります。大変危険ですので、100均ウエストポーチがおすすめできないのが、この耐久性が低い点にあります。お子さまに使用させる際にはこの点を注意させましょう。

安かろう悪かろうの時代ってどうなの・・・

100均のウエストポーチは安かろう悪いろう時代の現れ。値段の安いものは品質が悪いのは当然。現代の日本人は安いものを購入して喜ぶようになってしまいました。それとともに、心も貧困化してしまいました。

値段の安いものを購入して喜んではいけません。安いものを購入すれば企業はもうからなくなり、それが人件費に跳ね返ってきます。つまり給料も安くなってしまうので生活が苦しくなります。経済のデフレはこのようにして起こっているのです。

それに気がつかない日本人は、まだまだ安いものばかり購入して喜んでいる始末。そして原価も大幅に落ちるので、品質が下がります。ウエストポーチの生地の品質も低く、壊れやすかったり、破けやすかったりしてしまうわけです。あげくの果てには、コストダウンと称して海外生産。これで日本人の仕事もなくなるわけです。

100均のウエストポーチを全否定するわけではありませんが、品質に問題があるというのはこのような、秘密が隠されているわけです。こんなにも安い値段でウエストポーチが購入できてしまうのには裏があるということは覚えておきましょう。

安かろう悪かろう地獄にはまらないでくださいね。100均のウエストポーチは一度購入して、その品質の低さや耐久性の低さを実感し、これくらいの品質なのだな、ということがわかるくらいで十分でしょう。駄々をこねる子供のために、気を紛らわせるための方便としては有効かもしれませんが・・・。

100均のウエストポーチですから、価格も安く品質が低いところ覚悟すべきでしょう。子供のおまけといったイメージがぴったりです。これじゅうぶんと思えるならそれでよし。満足できるどうかはその人次第です。値段が安いことは人件費や原材料費もしく、期待できない品質の原因ともなっています。何でもいいからウエストポーチを購入したいという方なら100均のウエストポーチはおすすめでしょう。100円ショップに行って衝動買いのようにして買わないでくださいね。

スポンサーリンク