ウエストポーチは幅広い用途に使えます。スマホやタブレットを持ち運ぶ人もいるでしょう。音楽プレーヤーを携帯して、音楽を聴きながら移動するという方もいるでしょう。そのときにおすすめできるウエストポーチといえば防水のものです。防水のウエストポーチに、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ぬれないという魅力

防水のウエストポーチは、ぬれてもウエストポーチの中に水が染み込みません。そのため、貴重な機材を持ち歩いてもぬれることがありません。財布を持ち歩いてウエストポーチに入れておいても大丈夫。

大雨が降ってきても安心。最近の関東地方では、ゲリラ豪雨に襲われることも増えてきました。天気予報でも予想がつかないくらいの大雨が急に降るようになってしまったのです。こんな時でも防水のウエストポーチを持っていれば安心ですよね。

急な大雨でも貴重品をぬらすことはありません。IT機器は、ぬれてしまったら大変。iPadなどの機材も、ぬれて壊れてしまう危険性もあります。できるだけぬらさないで持ち歩きたいものです。

防水といっても

勘違いしてほしくないのは、防水というのは、水滴をはじくくらいの意味しかないということ。確かに、水が染み込むことはありません。しかし、あまりにも大量の水分にさらされてしまった場合には、ジッパーの部分から水が浸入することも考えられます。

いくらぬらしても大丈夫という事ではありません。多少の雨くらいだったら防水のウエストポーチなら、充分防ぐことができます。しかしバケツをひっくり返した大雨の場合には、多少は慣れてしまうこともあります。

水の中にウエストポーチを落としてしまったら大変です。ジッパーなど細かい部分から水が浸入してしまうので、ぬらしても大丈夫と思わないでください。水滴をはじくくらいの効力とみた方がいいでしょう。

少し重ためで生地が硬いかも

そして防水のウエストポーチのデメリットとして、素材が硬いことも挙げられます。水が染み込まないように加工しているため、素材自体がゴワゴワつく場合も。しかも、普通の記事よりは重いです。

水を染み込まないように加工しているため、素材が重くなってしまうのは仕方がありません。通気性が悪くなったり、なかなか乾きにくかったりなどのデメリットはあります。このようなデメリットを考慮して、防水のウエストポーチを購入してみてください。

使い分けて

使い分けるのもいいでしょう。天気の悪い時には防水のウエストポーチを使い、天気の良い時にはノーマルのウエストポーチを使えばいい。このように使い分けることによって、快適に使うことができます。

ウエストポーチは一つだけ、と限定しなくてもいいのです。衣服と同じようにその日ベストなものを判断し、使い分ける必要も出てくるでしょう。防水のウエストポーチも、このように使い分けて使ったほうがいいのは間違いありません。

自分の汗で汚れない

防水用のウエストポーチならトレーニングでも安心。ランニングやウォーキングをしている際には、自分の汗でウエストポーチがぬれてしまうこともあります。防水加工のしてあるウエストポーチなら、自分の汗でウエストポーチの中を汚しません。

汗でIT機材をぬらさないためにも、防水ウエストポーチはおすすめできるのです。しかし、その分フィット感が悪く、壊してしまうデメリットもあるので注意をしてください。

防水のウエストポーチを見てきました。貴重な機材がぬれないのはいいところです。しかし生地が重かったり、ゴワゴワしたりする特徴もあります。あまりにも水分が多い場合、水の中に落としてしまった場合には防ぎきれません。このようなデメリットまで考慮して、ウエストポーチを使い分けましょう。

スポンサーリンク