いつもリュックを背負っている人。背中が暑くありませんか。そんなときにウエストポーチにしてみませんか。

暑い夏だからこそ、使うバッグも使い分けなければいけません。今までウエストポーチを使ったことのない人も、所有しているけど使いにくくてあまり使っていないという方。思い切ってこの暑さのために使ってみてください。

ウエストポーチは暑さにぴったり

ウエストポーチの魅力は、腰に巻きつけたり軽く肩にかけられるところ。容量はあまり大きくありませんが、暑い夏にはぴったりです。例えばリュックサック。荷物はたくさん収納できて楽です。その一方、背中とバッグが密着します。

そうすると暑い夏だと背中が蒸れてしまいますよね。これじゃ荷物が汗だらけになってしまいます。せっかくのスマホもiPad・タブレットも汗で汚してしまったら嫌ですよね。これだからリュックサックは困ります。

ウエストポーチなら軽い気持ちで使える

ウエストポーチだったらそんなことはありません。最近だとベルトの長いものも出てきてワンショルダーとして使うことができます。これだと、背中にべったりとくっつくことはありません。

荷物を汗だらけにすることもありませんよね。首にかけることもできて、リュックのようにモソモソすることもないでしょう。リュックよりも軽い気持ちで使えるのがいいところです。

リュックサックだと荷物が多く

そしてリュックサックは容量の多い所もデメリットです。荷物が入るんだからっデメリットじゃなくてメリットでしょ?と思うかもしれません。

しかし、容量が多いからこそ余計な荷物を持ってしまったり、何でもかんでもリュックに詰め込んでしまったりするのです。

その結果荷物が重くなり、背中もさらに汗をかいてしまいます。荷物が多くなればなるほど、リュックサックが重くなり汗をかきます。背中ともぴったり密着してしまい不快感が増してしまいます。

だからこそウエストポーチなのです。必要最小限度の荷物しか運べないので、何でもかんでもバックに詰め込もうという気持ちもなくなります。それでも荷物がある場合には、リュックサックではなく、折りたたみのできるトートバッグを持つと良いでしょう。ウエストポーチの中にたたんで入れておきましょう。荷物ができた時もこれなら安心です。

コンパクト&スマート

最近はミニマリストというものがはやっています。必要最小限度のものしか使わない人たちのことです。ウエストポーチもこのミニマリストの思想にはぴったりです。必要最小限度のものしか持ち歩かないのですから。

お財布とスマホしか使わないという人もいるでしょう。そんな方にもウエストポーチはぴったり。リュックサックだったら、ろくな荷物もないのに大きなバッグを持ち歩かなければいけない。これだなんだかダサいですよね。だからこそスマートにバックを持ちたいもの。そんなときにウエストポーチはぴったり。

実は1970年代にもウエストポーチは流行しましたが、また時代が早過ぎました。ミニマリストの時代でもありませんでした。高度経済成長で日本の景気も良く、何でも大きいもの巨大なものが好まれる時代でした。

そしてこの後にすぐにバブルが出てきて日本崩壊。こんな時代でウエストポーチが流行しようと思ったってすることはできません。しかし時代は2017年になりました。バブルの時から20年以上が経過しています。やっとウエストポーチに時代が追いついてきたのです。

クソ暑い夏。暑苦しいリュックサックを持つのはもうやめにしませんか。幾ら何でもダサすぎます。今の時代はミニマリスト。小さいものが好まれる時代です。多くのものを持ち歩かなければいけない時にはリュックサックも構いませんが、背中が汗だらけになってスマートとは言えないでしょう。これからはウエストポーチの時代です。時代に乗り遅れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク