ウエストポーチは移動の際に大活躍。そして、その威力が最も発揮されるのは旅行先。ウエストポーチが、どのように役に立ってくれるのでしょうか。旅行の際には、ウエストポーチを持っていってください。旅行が快適になるのは間違いありません。

手ぶらで街を散策できる快適さ

ホテルに着いたら、ウエストポーチにお財布とスマホ・携帯だけをいれて、残りの大きな荷物はホテルに預けてしまいましょう。ほとんどのホテルは荷物を預かってくれるので、頼んでみてください。そしてウエストポーチだけを取り出して街に繰り出しましょう。両手に荷物を持つことなく、手ぶらで観光地めぐりができてしまいます。

この快適さは何物にも代えられません。重い荷物を持ちながら観光旅行するのは苦痛です。次の日に、自宅と異なり、慣れないベッドの上で、筋肉痛とともにに目覚めてしまうのはいうまでもありません。このような不快な思いをしないためにも、ウエストポーチは一つは旅行に持っておきましょう。

ウエストポーチで小分けにする

スーツケースでも大きめのボストンバッグでも、ウエストポーチを中に入れておいてください。その際に必要な荷物だけウエストポーチにまとめて入れてしまうのがコツ。そうすると大きなバッグの中でも小分けにして整理できます。大きなバックは意外と不便で、バッグの中で荷物が散乱してしまうのです。

それを防ぐためにも、ウエストポーチで散らかりやすい小物類をひとまとめにしておきましょう。お目当てのものも、すぐに探し出すことができるので大変便利です。旅行の際には、荷物を整理して持ち歩くべきです。ホテルに行っても必要なものはバッグからすべて出さず、バッグの中に整理したままにしておくと使いやすいですよ。そのためにも、ウエストポーチを利用しましょう。

水が飲める

ウエストポーチには、ちょうどいい大きさでドリンクホルダーがついているものもあります。これをうまく活用してください。旅行というものは意外にエネルギーを使います。あちこち見てまわっているうちに、かなりの距離を歩いています。知らず知らずのうちにのどが渇いてしまうこともあります。のどが渇く前に、水分を補給しましょう。

ドリンクホルダーにペットボトルを装着しましょう。ミネラルウォーターを腰につけて、水分を補給しながら散策してください。夏は水分を補給しないで歩くのは危険です。街を散策している間に水分が失ってしまって体調を崩すおそれもあります。

冬にはあまり暑くないので、のどが渇かず、水分を取らなくてもいい、と過信してしまいがち。いつの間にか、脱水症状になってしまうこともあります。旅行先で体調を崩してしまったら、思い出も台無しです。悲しい旅行にならないためにも、ウエストポーチのドリンクホルダーを活用してみてください。

必要な物を取り出せる

旅行で必要なものと言ったら財布。都心部なら切符やPASMOやSuicaをすぐに取り出せるようにしておくたいもの。切符類をすぐに取り出せるようにしておくと、移動の際にもラク。現金を持ち出す必要がなく安全です。

必要なものをパッと取り出せるようにウエストポーチの中に入れ、整理しておいてください。リュックサックのように、わざわざ背中にしょっているバッグを前に持ってきて開けて探す手間もなく、快適に使えてしまうのがウエストポーチの魅力。旅行の際には、ウエストポーチを購入して本当によかったなと感じることでしょう。

これから旅行に行くという方には、ウエストポーチが役に立ちます。使うかどうかわからなくても一つ持っておきましょう。荷物を整理するための小分けの袋として利用するのもいいでしょう。旅行先で荷物を持つことなく、手ぶらで街を散策できる魅力。これを味わってしまったら、旅行が楽しくなって仕方がなくなるでしょう。この快適さを味わってみてください。旅行にはウエストポーチ。これが常識になるでしょう。

スポンサーリンク