殺風景な病院。みんな白衣を着ているし、おしゃれっ気のない世界。これじゃ面白くありませんよね。少しぐらいおしゃれを楽しんでみてもいいでしょう。そこで個性を出せるのがナース用のウエストポーチ。細かいところでおしゃれに気を配ってみると面白いでしょう。

日常使う必要なアイテムもまとめて収納できるので、仕事の効率化にもなります。それではナース用のウエストポーチのメリットと特徴を確認してみましょう。

大変な仕事だから効率よくスピーディーに

患者さんの世話をしなくちゃいけない。だけどすべてをマニュアル通りにやるわけにもいかない。

事務作業のようなものは正確に素早く終わらせたいもの。そんな時でも必要な道具をひとまとめに持ち歩けるといいですよね。白衣のポケットでは足りなくなってしまいます。そんなとき、ナース用のウエストポーチは、仕事の役に立ってくれます。

殺風景な病院だから自己主張したい

病院というところはどうしても殺風景になってしまいがちナース服も、基本的には真っ白で、かわいさというものはありません。ウエストポーチくらいこだわってみませんか。

かわいい絵柄の入ったもの。個性の主張できない白衣ですから、ウエストポーチくらいは目立ってみましょう。かわいいデザインのものもあります。細かい部分のおしゃれでも、気を抜かないでください。

案外、このような細かい部分に気持ちが回る人は優秀です。気持ちを和みます。かわいいデザインのウエストポーチを使って、殺風景な病院でおしゃれを楽しみましょう。

ナースの持ち歩くもの

ナースが普段持ち歩かなければいけないものはこのようなアイテムです。

  • ペン
  • メモ帳
  • タイマー
  • ペンライト
  • ナースウォッチ
  • 体温計
  • はさみ
  • テープ
  • 駆血帯
  • 聴診器
  • PHS

こんなに多くのアイテムをポケットに入れるわけにはいきませんよね。もう少し大きな入れ物がほしい。そんなときにウエストポーチが役に立ってくれます。これだけの細かいアイテムをウエストポーチならひとまとめにして、持ち歩くことができます。

普段から使っていると当たり前すぎてメリットを感じないけど

ウエストポーチを使っている人は当たり前のように思ってしまいがちですが、このようなアイテムをひとまとめにして持ち歩けると、仕事のスピードが明らかに早まります。仕事に手間取り、患者さんにストレスがかかることもなく、スムーズに仕事をこなせるでしょう。

ナース用のウエストポーチの中には、さまざまな形に変化させられるものもあります。ベルトを外して、普段お使いのバッグに入れてみてください。バッグインバッグとして使えて、バッグの中の収納も可能です。ナース用のウエストポーチといっても、病院でだけ使うことを目的としていません。日常生活も様々な用途に使えてしまうのです。かなり便利です。

シンプルなウエストポーチはアイデア次第で

ウエストポーチをそのまま使っても個性がありませんよね。さまざまな工夫をしてみてください。キーホルダーをつけたり、小さなぬいぐるみをつけてもいいでしょう。かわいい感じで周りからも好感を持たれるかもしれませんね。

ナース用のウエストポーチでシンプルなものなら、アイデアによってさらに使い方は広がります。購入してからも、使い方を工夫してみてくださいね。使い方は無限です。ウエストポーチだからといって、ウエストポーチとしてだけ使う、という決まりもありません。すべてはあなた次第です。

看護婦の仕事は大変。だからこそ効率的に仕事を終わらせたいもの。ナース用のウエストポーチを使えば必要なアイテムをひとまとめにできて、仕事もはかどります。さまざまなデザインのものがありますので、お好みのものをセレクトしてみてください。

スポンサーリンク