ウエストポーチの購入を迷っている人。けっこう多いのではないでしょうか。

「ウエストポーチってあんまりかっこよくないじゃない」
「なんかダサいイメージがある」
「周りから変に思われないかな」

ウエストポーチにはこのようなイメージもつきまとっています。今ではそんなこともなく、さまざまな商品がリリースされています。ボディバッグやウエストバッグなど微妙に名称も異なってきています。ウエストポーチの購入を迷っている方。そんなあなたには、このような言葉が役に立ちます。

「心配するな」

それでは、ウエストポーチ購入に迷っている人・気の進まない人に、どのようなポイントに気をつければいいのか。確認してみましょう。

基本的にはシンプルに

おしゃれを考えるならシンプルであること。これを意識してください。このシンプルさを意識しないでウエストポーチを持つからダサく見えてしまうのです。

基本的にはウエストポーチ1個だけで行動すること。その他の荷物は極力持たないのが身のためです。間違いなくダサくなってしまいます。リュックを背負いながらウエストポーチを持つのは愚行。それに加えて手提げバッグを持ってしまったら、いくら何でも荷物が多すぎです。

旅行でもないのに荷物をたくさん持っていると、何だかもっさりしてしまいますよね。というわけで、ウエストポーチを持つなら、身軽な格好を、そしてシンプルな格好を心がけるということです。

使いやすさは抜群

ウエストポーチといってもボディバッグなど背中に背負うタイプのものもあります。ワンショルダーのリュックのような形。使いやすさ抜群です。必要なものがすべて収納できます。スマホや財布・筆記用具など、手軽に持ち歩いて街へ出かけましょう。

使いやすさが抜群なので、大きなバックほど手間ひまかかることもありません。バッグに必要なものを入れて、すぐに街へ出かけることも可能です。この使い勝手のよさを、ウエストポーチに悪いイメージを持っている人や、購入に二の足を踏んでいる人にはぜひとも知ってほしいです。

ダサいと思っていたらダサくなる

ウエストポーチがダサいという人は、心構えが間違っています。自分がダサいと思っているからださいのです。

『恥ずかしい』という言葉がありますよね。例えば、ダンスをしようとするときに、余計なことを考えたり手抜きをしたりすると、余計カッコ悪く見え、見ているこっちが恥ずかしい。

恥ずかしいというものは自分が恥ずかしいのではなく、恥ずかしがっているから周囲に恥ずかしく見えるんだ、ということを意味するのです。

ダサいダサい、と言っていては何も身につける事などできません。いちいちそんなことを考えていたら一生時間があっても足りません。シンプルにウエストポーチを持てば意外にサマになります。

もし抵抗があるという人も、ウエストポーチを購入して、試しにしばらく使ってみてください。何とも思わなくなるのですから。

流行り廃りはよくある。そして周期的に繰り返される

最近ではウエストポーチのブームが来ています。しかし流行り廃りはよくあること。急に流行しなくなってしまうこともあります。こんな時にはがっかりせず、流行に合わせないのも一つの方法です。

「自分が使いやすいんだったらいいんだ」

このような気持ちも大切です。流行り廃りに惑わされて、とっかえひっかえ商品を購入していればお金もかかってしまいます。どうせ流行り廃りがあるんだから。流されないものを購入しましょう。

ということで、シンプルなボディバッグは、流行を気にすることなく使うことはできるでしょう。このようにファッション業界には流行廃りがあり、ダサいと言われていたものが再度ブームになったりすることは珍しい事ではありません。

ウエストポーチにいまだに踏み出せない人は、上に説明したことを意識しましょう。思い切って使ってみれば意外と使いやすいもの。何とも思わなくなります。あまりファッションやオシャレという言葉を気にせずシンプルな格好に徹することで、いつの間にか、

「あの人オシャレだな」

というふうに見られるかもしれません。

スポンサーリンク