とても便利なウエストポーチ。小さくて気軽に持って街を歩くことができますが、デメリットもあります。

何事も100%安全なバッグというものは存在しません。ウエストポーチにはウエストポーチなりの険性をはらんでいますので注意してください。

貴重品が入っているとわかってしまう

軽い気持ちでウエストポーチを持って歩けるのは日本だけ。日本国内でも外国人のそれなりにないところの方がいいでしょう。

海外旅行に行けばわかりますが、ウエストポーチは大変危険なものと分かってしまいます。それはなぜかといえば確実に貴重品が入っているとバレてしまうから。

ウエストポーチを堂々と持って歩くみにつける日本人は間違いなく旅行の素人。確実に強盗に遭ってしまいます。絶対に貴重なものが入っているのですから奪わないわけにはいきません。財布とスマホ・パスポートが入っているのだから。

間違いなく金になる。こんなふうに外国人の目には映ってしまうのです。海外旅行ではウエストポーチを使うのは絶対にやめましょう。

日本国内でも治安の悪い場所はあります。日本国内だからといってウエストポーチを使っても大丈夫という時代ではありません。日本人による強盗や少年による恐喝などの被害もいまだにあります。

日本国内でも治安が悪く、外国人の多い場所はウエストポーチは使わないほうがいいでしょう。

破損の危険性あり

大きなリュックサックに少しくらいの穴が開いたとしても実は大した問題はありません。そこから穴が大きくなって破けてしまう場合はありますが、

ウエストポーチの場合には破損してしまうと大変です。貴重品が入っているからです。スマホを入れる人もいます。そのためバッグが破損してしまったら大変。財布やスマホを落としてしまうことも。

おサイフケータイなどを使っている人は大変。クレジットカードを持っているのと一緒です。それを落としてしまったら盗まれたら大変です。

クレジットカードを止めるのも手続きがいろいろ必要です、大変面倒なことになってしまいます。しかもなくしても警察に届けられている可能性は低いでしょう。

誰かに使われたとしても自己責任として、クレジットカード会社が助けてくれないことがほとんどです。ウエストポーチの便利さの裏にはこれだけの危険性が隠されているのです。

ベルトが切れたら使えない

ウエストポーチの命と言えばそのベルトだと言ってもいいでしょう。ベルトが切れてしまったら使い物にはなりません。単なる袋に成り下がってしまいます。自分の手に持って歩かなければいけません。

取っ手がついていなければビニール袋以下の存在になってしまいます。品質の高いウエストポーチならベルトが切れることはほとんど考えにくいですが、価格の安いもの・粗悪品・外国製のものなどはベルトが切れる可能性がありますので注意です。

ベルトの切れたウエストポーチはまず使い物になることはありません。セキュリティーにおいてもかなり心配な面があります。頑丈なものを購入するのが一番安全です。

ファスナーが壊れる

100ウエストポーチに限った話ではありませんがファスナーの壊れる危険性があります。ファスナーが壊れてしまったらもうバッグとしては使い方がありません。最も重要なのがファスナー部分だと思っていいでしょう。

高品質のウエストポーチならなかなかファスナーは壊れません。安いものと少し使ったくらいで壊れます。ファスナーが壊れてしまったら貴重品などしまっておくこともできません。

スマホや音楽プレーヤーなども移動中に落としてしまうことがあります。ウエストポーチのファスナーが壊れてしまったらもう命がなくなったと思ってもいいでしょう。

ウエストポーチにはこれだけの危険性があります。犯罪に遭いやすかったりバッグの破損から大切なものなくしてしまうことも。そうならないためにも普段からバッグを丁寧に扱うこと。

コストパフォーマンスばかり追求しないことが重要です。安全を購入するにはそれなりのコストを支払わなければいけないのです。

スポンサーリンク