ウエストポーチには批判があります。それは昔からなかなか受け入れられなかった時代があるからです。

ウエストポーチを購入して失敗したと感じている人がいます。どんなふうにウエストポーチの購入で後悔しているのでしょうか。

買わなきゃよかった

なんでこんなもの買っちゃったんだろう。このように買い物自体を後悔する人もいます。せっかく購入したんだけどなんでこんなものにお金を支払ってしまったとか。

他の人が使っていたのを見たら格好いいと思っていたけど、自分が使ってみると使いにくくてたいしたこともなかった・・・。

購入した時は気分が上がっていたけど、なんだかすぐに気持ちが冷めてしまったなど。購入してから感じることもあるでしょう。しかも購入してから後悔したとしても、返品する事はまず無理です。

ウエストポーチに欠陥があるとかでなければ、返品は受け付けてもらえないことが一般的です。でもこのような後悔は、なかなか避けられるものではなく、購入してからでないとわからないのが大変なところです。

買って損した

買って損したと感じる人もいます。意外とたいしたことがなかったと後悔する人もいます。
こんなものにのど買わないと心に決める人もいるでしょう。購入してからその不便さを味わわなければ、買って損したという気持ちは現れないでしょう。

しかもネットなんかで購入すると、届いて商品のイメージが全く違うということも。店頭で購入する際には、実物を見てすぐに購入することができるので、イメージ違いということは起こりにくいです。

ネットの場合だとネットの写真を見てから注文してからタイムラグがあります。しかも写真もちゃんと撮れているかわかりません。撮影したカメラやネット環境によって色合いが違って見えること。意外と思ったもんと違っていたとがっかりすることもあります。

ダサかった

ウエストポーチの一番の問題点。ダサかったということ。歴史的にもウエストポーチは迫害されてきました。そのトラウマがあるので、流行したとしてもなかなか購入できない人もいますが、思い切って購入してみた。

でもやっぱりダサかったがっかりしたという人もいます。

意外と本人の思い込みだったりします。ダサいださいと感じていても毎日使っていればそんなことも考えなくなるでしょう。ダサいと思っても他人はかっこいいと思うかもしれません。というわけで思い切って使ってみることも大事です。使っているうちに慣れてくるかもしれませんね。

使いにくかった

使ってみなければわからないことの一つに意外と使いにくかったということもあります。これも使ってみなければわかりません。そしてしばらく使って慣れてみないと、その使い心地もわからないでしょう。最初は慣れなくてもしばらく使ってみる。これくらいの態度を持っていたほうがいいでしょう。

すぐ壊れた

購入したウエストポーチがすぐに壊れてしまったということも。安い商品なんかはすぐに壊れてしまうのは当然です。科学の高いものとなかなか壊れないという特徴もあります。

それでもすぐに壊れてしまうという不良品をつかまされてしまうことも。こんな時にはお店と相談する必要もあります。いちいち泣き寝入りしていないで、交渉する必要もあります。めんどくさがらずに頑張ってみてください。

似合わなかった

意外と似合わなかったということもあります。ネットで購入してもよくイメージも掴めないし背中に担いだり、腰に巻きつけるものですから。装着してみなければわからず、装着しても鏡で見るくらいでないとわかりません。

そして意外と似合わなかったということ。背中の大きい人に小さいウエストポーチは何だか合わないし、体が小さいのに大きければウエストポーチっぽくありません。そんな感じで購入してから似合わないとわかることもあります。これも後悔する大きな理由です。

二度と選ばない

後悔した結果に納豆ウエストポーチなんか購入しない。そう心に決める人もいるでしょう。購入してみなければわからない感覚です。

スポンサーリンク