ウエストポーチが流行しています。そのコンパクトさが魅力。ウエストポーチだけでなく、ショルダーバッグとしても使えるのが大きなポイント。アクセサリー感覚で使えるし、大きな荷物を持ち運ぶ必要のない人にはぴったり。それでも、

「ウエストポーチってやっぱりダサいよね・・・」

と思っている人もいます。昔、流行したからもう二度とこんなもの使いたくないダサいアイテムと思っている人もいます。ウエストポーチなんか必要ないと思っている方の意見をみてみましょう。

中途半端な大きさ

ウエストポーチを持っている人を見かけても、そんなに小さいバッグを持って何が入るのと疑問を感じている人がいます。

そんな小さいバッグ、必要ないんじゃないのと思ってしまいます。荷物がたくさん入らなければ何だか不安。書類とか大きな荷物を運ぶのには少しつらいところがあります。

しかも、必要最小限のものしか入らないので急に衝動買いをしたくなったり他の荷物を収納しようと思ったときに使い物にならない、という不安があります。だから必要ないと思ってしまうのでしょう。この中途半端な大きさが必要ないと思わせる原因の一つです。

カッコ悪い

やっぱりバッグは少し大きめでガッチリしたものじゃないと何だか恥ずかしいバッグらしくない。このような意見も聞かれます。そんな小さいバッグ、カッコ悪いんじゃない?と思ってしまいます。

もちろん、ウエストポーチやボディバッグを嫌う人はいるでしょう。しかし、それはその人の価値観。あまり気にしないほうがいいでしょう。

誰にだって趣味はあります。ウエストポーチがカッコ悪いと思っている人の意見を聞いてもウエストポーチが好きな人と意見が合うことは絶対にないでしょう。それが価値観の相違です。

タブレットが入らない

ウエストポーチの大きさではタブレットが入りません。大きめのウエストポーチならぎりぎり入るかもしれませんが、iPadのような少し大きめなタブレットは少しつらいかもしれません。

これぐらいのものが入らなければかなりつらいでしょう。普段の生活でも差し支えるし不便極まりないだ感じられてしまう人もいるようです。

このような方は大きめのショルダーバッグやメッセンジャーバッグのほうがおすすめです。最近だとも思えるの収納できる。仕切りがついてあるものもあり、モバイルにも対応できる時代といえるでしょう。

少し大きめのタブレットを持ち運ぶなら、大きめのバッグを使うしかありません。その点は使い分ける必要があるでしょう。

買い物すると不便

ウエストポーチが必要ないという方。例えば街を歩いているときにほしいものができた。その時、例えば雑誌を購入するとしましょう。ウエストポーチではこのようなサイズのものは入りませんよね。

買い物したくなった時に、少し不便さを感じてしまうのもウエストポーチ不要論者の意見です。

確かに荷物は入りません。こらへんは他のバッグで代用するしかないでしょう。ついついほしいものができたけど収納するのにはとても不便。だからこそ何となく不安を感じてしまってウエストポーチに手が伸びないという人もいます。

出かけたけど全く買い物をしないとか、日常の範囲内で過ごすときには便利かもしれませんが少し遠出をする時などには、それ一個では少し不便かもしれません。荷物ができてしまった時には、あまり役に立たないかもしれません。

ウエストポーチといっても不便な面はあります。だからこそ必要ない不要論だの方もいるのは間違いありません。完璧なバッグなど存在しません。どんなシーンでも100%役に立つものはないのです。

ウエストポーチの必要のない人の意見もよくわかります。メリットデメリットをよく見ることでさらにウエストポーチの活躍できる場面が見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク