せっかく購入したウエストポーチなんだけど、なんだかすぐに壊れてしまった。
もうこんなものを購入しない方がいいのかな・・・。

このように、ウエストポーチに信頼感がなくなってしまう人もいるでしょう。せっかく購入したウエストポーチも壊れてしまったらがっかりですが、そんなときにはどんなことを考えるのでしょうか。ウエストポーチが壊れてしまった時に考えること感じることを考察してみます。

安物

やっぱり安物を購入したからいけなかったんだ。

これは本当のことです。値段が安ければそれほど人件費もかかっておらず、原材料費も低いです。逆に人件費をかけて原材料も高ければ立派なウエストポーチになるのは間違いないでしょう。というわけで安物を購入してしまったのが失敗だという反省は実は当たっています。

安物買いの銭失いというのがこのこと。次に購入する時は安いものにこだわらず、しっかりとしたものを購入しましょう。安いものを買い換えるよりもしっかりとしたものを一つ持っていたほうがよっぽどよっぽどお得です。

耐久性を気にして

ウエストポーチを購入する時には耐久性を気にすること。すぐに壊れてがっかりしたくないのならある程度耐久性のことを考えて購入しなければいけません。例えば国産のもので有名なところというとporter。

かなりしっかりした作りですぐに壊れるということもありません。万が一壊れてしまったとしても修理してもらえます。こういうちゃんとしたブランドのものを一つ持っておくといいです。

値段が安ければすぐに壊れるし、修理なんかしてもらえません。修理したってすぐに壊れてしまいます。初めからもろいのだから仕方がありません。

危険

安物のウエストポーチを購入しているとやはり危険がつきまといます。というのも貴重品をウエストポーチの中に入れておいて、それをなくしてしまう可能性も出てくるからです。財布やスマホなどなくしてしまったら大変なことです。

というわけでウエストポーチが壊れてしまった時に、一緒に貴重品のためにしてしまったという後悔だってあります。

もちろん貴重品を一元化するのもよくありません。スマホにすべての個人情報を入れておいたりクレジットカードまで持ち歩いたりなど、一つの場所に貴重品をまとめておくことはよくないのです。

ウエストポーチが壊れてしまうだけでなく貴重品までなくすという二次災害まで考えた行動すべきです。

修理

しっかりしたブランドならウエストポーチが壊れても修理をしてくれます。しかし安物のウエストポーチなら修理なんてしてもらえません。

といよりも修理なんてするくらいなら新しいものを購入した方が安いというわけで、こんな使い捨て感覚でいること自体がよくありません。

修理するよりも購入した方が安いくらいの値段ということは初めから壊れてしまうことを前提としているわけです。購入する場合にはすぐに壊れてしまうんだなと初めから思っていたほうが心も薄です。

あげるときには気をつけて

ウエストポーチやプレゼントにもいいかもしれませんが、他人にあげる時には耐久性には気をつけてください。貴重品を入れるものですから壊れてしまったらさあ大変。

お金をなくしたり、それよりも大切なものをなくすことだってありますから。他人にプレゼントする時には耐久性のことを考えたほうがいいでしょう。

ウエストポーチでも安物を購入してしまえば後悔する可能性は十分あります。耐久性のことは第一に考えたほうがいいでしょう。安いウエストポーチは購入してはいけないという事ではありませんが、それ以外のリスクが高まるということも頭の中に入れておいてください。

万が一貴重品をなくしてからでは遅いです。他人にプレゼントする時にもそういうことまで肝に銘じておくといいでしょう。

スポンサーリンク