カジュアルコーデならしっくりきまる

ウエストポーチはカジュアルなアイテムなので、やはりカジュアルコーデが一番しっくりきまります。
カラフルなウエストポーチもいいのですが、大人カジュアルなコーデにするなら、黒いシンプルなウエストポーチがおすすめです。
スウェットやTシャツなどのカジュアルトップスにデニムパンツやチノパンをあわせ、ウエストポーチは前で斜めがけしましょう。後ろよりもオシャレに見えます。
ポイントはニットキャップやスニーカーなどの小物にも気を配ることです。
もう少しきちんと感をだすなら襟つきの上着をあわせると大人っぽさが加わります。

シンプルコーデにはカラフルなウエストポーチを差し色に

シンプルコーデ好きなら、黒のウエストポーチよりも緑や青など、カラフルなウエストポーチが差し色効果になってオシャレコーデになります。
白シャツにデニムパンツやチノパンツといった地味なコーデもカラフルなウエストポーチをするだけでオシャレに見えますよ。
ウエストポーチは前に斜め掛けしましょう。袋の部分が脇の下にくるのではなく、胸の前にくるようにしてください。

スポーティコーデで大人っぽく

スポーティなアイテムでさらっとウエストポーチを身につけるのも素敵です。
ウインドブレーカーに黒パンツ、スニーカーなど、全体をオールブラックで統一した場合、やはりウエストポーチも黒にしてみます。
その場合、腰にウエストポーチをつけるのですが、前ではなく後ろにつけましょう。
小さいサイズよりある程度大き目のサイズのほうが男らしくてかっこいいです。

どんなコーデでもウエストポーチの付け方がポイントになる

どんなコーデにウエストポーチをあわせるにしても、その身に着け方がポイントになります。
普通に前につけてしまうと、荷物を取り出しやすいというメリットはありますが、オシャレの面から見るとオタクっぽく見えやすいです。
トレンドとしては、以前は背中で斜め掛けするのがオシャレだったと思います。しかし今は前で斜め掛けにするのがオシャレです。
腰につけてはいけないということもなく、前よりは後ろにつけたほうがオシャレに見えます。

コーデの邪魔にならないデザインや色を選ぶ

いくらコーデ術を学んでも、肝心のウエストポーチのデザインや色が服にあわないのではだめです。
なるべくシンプルなデザインを選びましょう。オシャレを優先するのならば、表面にたくさんポケットがついていないタイプのほうがいいです。
また、色は黒か、差し色のカラフルなものなど、コーデの一部としてどのような使い方をするかで選んでみてください。
コーデの邪魔になるので余計なプリントやロゴなどもないほうがいいです。

スポンサーリンク