1980年頃に一度流行したウエストポーチ。そのトラウマがあるので、いまだにウエストポーチに偏見を持っている方が多いです。ネットで調べてみればすぐにウエストポーチに偏見を持つ人は山ほど出てくることがわかるでしょう。

その一方で、すでにウエストポーチは市民権を得ています。最近ではウエストポーチだけでなくワンショルダーにできたり、ヒップバッグにできたり、大変便利なアイテムとして街を歩けば多くの人が使っていることがわかるでしょう。

それだけ流行してもなお偏見を持っている人はどのような理由に基づいているのでしょうか。ウエストポーチに勝る偏見を知ることで、さらに便利に使えること間違いありません。この機会に理解しましょう。

デザインより前にかけるのだせぇ・・・

これが最も大きな理由で、ウエストポーチお体の前面に持ってくるのはダサいということ。ショップの写真では、ウエストポーチをよく見せるために首にかけて通っているものもあります。

これは昔からダサいと言われてきました。定番のダサいファッションの一つといった感じです。さすがにおなかの前に巻くというのは伝統的にダサい定番です。

スリには合いにくいかもしれないね

意外と良い意見です。お尻のポケットに財布を突っ込んでいる人。これでは間違いなく盗まれてしまいますよね。ウエストポーチを使えば、しっかりしたポケットが一つ増えたようなものなので安心して貴重品を持ち運ぶことができます。

デザイン面で偏見を持たれてはいますが、安全面は意外と効果的ということも指摘されています。

ダサいウエストポーチの特徴

  • レザー
  • 異常に小さい
  • ファスナー複数

「クソダッサいよなwwww 」

伝統的にダサいウエストポーチの特徴。逆にウエストポーチと聞いただけてこのようなものを思い浮かべてしまうから拒絶反応が起こっていたが巻き起こるのかもしれません。

今ではこのような古臭いウエストポーチはそれほど販売されてはいないでしょう。かなりオシャレになってはきています。

そしてこの批判はかなり注目するべき情報が含まれています。ポケットが多すぎるとやっぱりダサいです。モサモサした印象でスマートさがありません。そして体のサイズに比べて異常に小さいウエストポーチ。

体の小さい重視なら問題はないのですが、体の大きい男子が小さいウエストポーチを持っていたら何だか変ですよね。体が大きい方は少し大きめのものを持った方がいいでしょう。体とのバランスも考えて商品選びをしたいものです。

まあ便利だから俺はわりと使ってるんだけどなwwwww

これは正直な意見です。そんなに荷物もないのに大きなバッグを持ち運ぶのは嫌ですよね。何となく邪魔になるし、バッグ自体も重いし。というわけで、てきたのがウエストポーチのちょうどいい手頃なサイズ。意外と使ってみたら便利すぎてやめられなくなるというのもわかるでしょう。

ショルダーちょっと大きくて小回り利かないからからちょっと出掛ける用にこういうの欲しいわ

ダサいと言われてきたウエストポーチでも、利便性の面では見逃せません。ショルダーバッグよりもう少し小さく出かけるのにちょうどいい、というのが本当の話です。

デザイン的にはかなり迫害されてきたウエストポーチ。そのトラウマからいまだに偏見を持つ人が多いです。確かに昔ながらのウエストポーチはダサいものがありました。

最近のウエストポーチをそんなこともなくデザインもシンプルで洗練されています。そしてださいなさいと言っている一方で、使いやすさの面では注目すべきこともあります。コンパクトさ・小回りが利くところが魅力。

一つぐらいは持っていても良いでしょう。ウエストポーチは批判が巻き起こる反面、必ずその機能性の高さが注目されます。批判している人も一つくらい購入してみると、楽しいかもしれません。

スポンサーリンク